【10/28】FX初心者向け 勝率アップするためのチャート分析 

チャート分析
スポンサーリンク

こんばんわー、ユージンです^^ 本日はスイングトレードの分析動画でもあげましたが一旦は短期上目線です。ということで今日はデイトレードでエントリーをしておりました。下記チャート赤矢印部分で売玉エントリー!
まず実際にエントリーした詳細のわかる5分足をご覧ください(^ ^)

買玉、損切り、利食いラインは上記の通りです。続いてエントリーした根拠ですが、下記4H足を見て見ると水色の節目ライン108.450が黄色丸の通り、相当意識されており、レジサポ転換しております。続いて1H足でも見て見ると黄色ライン108.693のライン付近も結構意識されております。この黄色ラインは先週までレンジ上限としてレジスタンス機能を果たしておりました。そして先週末にこの黄色ラインを抜けて実体が確定したわけです。(週足ベースでの説明は本日のスイングトレード分析の投稿をご覧ください。)

エントリー根拠

①水色ラインが大きな抵抗線になっており、短期的には一旦上目線。
②黄色ライン108.693付近を先週末で上抜いてきた。
③本日の4h足で陰線で押し目を作り、2回目の押しを作っているポイントでエントリー。
④4H足で逆三尊を形成している(位置が微妙なので根拠は薄目)

→黄色ライン108.693エリアまで引きつけたが、その後一旦は上昇したので、そこで一度利確。その後含み損を抱えるまで落ちてきたので、そこでエントリーできていれば更に良かった。

利確・損切りライン 根拠

利確ライン設定根拠
4H足チャートで見たとき、利確ライン108.950の緑色ラインは4H足チャート左側で一度高値を2回作っているため、ここが再度意識されると判断したため。あとは日足で長期移動平均線がすぐ上にあったので、ここで一旦は売り圧力が働くと判断したため。

損切ライン設定根拠
本日の押し目を作った安値付近の少し下に設置。また108.638付近も左側を見るともみ合い相場で意識されているラインである。損切りラインを浅くするために極力引きつけたが、引きつけの待ちが少し甘く、エントリー後しばらくは含み損を抱えることに。エントリー

以上の根拠で本日はデイトレード中です( ^∀^)今日は重要指標もなかったので、ある程度のラインまでは待って日をまたいでも良いかなと思っております。一旦は上昇して108.900付近に現在いますので、トレード結果はまた明日ご報告したいと思います。

本日もお忙しい中ブログをご覧いただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました