【11/05】FX初心者向け 勝率アップするためのチャート分析

チャート分析
スポンサーリンク

こんにちは、ユージンです^^今日もドル円のデイトレ分析と私の思うエントリータイミングを紹介していきます^ – ^ 大局は下降トレンドなので売り目線ですが、短期的には上目線です。スイング目線の分析は昨日投稿した「11/04 ドル円 スイングトレード 月足 週足 日足 分析」をご覧ください。 さて、ではデイトレ目線で見ていきます。まず、下記週足チャートをご覧ください!

ドル円は短期的には上目線と言うのは昨日でも投稿した通りです( ´ ▽ ` )昨日も買いエリアまでくれば買い玉を検討しましたが、上昇が強くそこまで来ずに上昇していきました!!週足ではスイング分析でも投稿したフィボナッチが下記の通りです。黄色ライン付近で売り目線のスイングですが、その下の水色線フィボ61.8ラインがあります。

画像をクリックすると拡大表示できます。

週足はまだ確定してませんが、日足ベースではこのフィボ61.8ラインを実体で上抜けしてきました。昨日で買えなかったので、正直本日は様子見??かなと見ております。

画像をクリックすると拡大表示できます。

続いて下記4H足で見てみるとフィボ61.8ラインを上抜けするものの黄色ラインで一旦上値を押さえつけられております。チャート左側の青四角エリアでもみ合っております。なのでしばらくもみ合いを見せてくるのではないかと思います。チャート右側の左四角エリアまで引きつけて売り、買いを仕掛けていく感じですかね。ただ上昇の調整が必要なので上下の上側の黄色四角エリアでサポートされる動きを見せてからの売り玉が個人的には嬉しいですが、短期は上目線なので、スキャルから短期的なデイトレ目線が必要な相場です。

画像をクリックすると拡大表示できます。
本日のドル円 目線まとめ

短期的には昨日の「11月4日のドル円デイトレ分析」でもあげた通り上目線。上昇目線だが本日は4H足の黄色四角エリアでレンジになると予想。上下のエリアまで引きつけてレジスタンス、サポートされる動きを見せてくれば引きつけて売り玉、買い玉をそれぞれ仕掛けていきたい。黄色付近超えて大きな上昇見せてくる場合は黄色線でレジスタンスされるか注目ですね^^

注意点

4H足ベースで直近揉みあいになる可能性があるので、スキャルピングから短期的なデイトレが無難な相場。本日24時からアメリカ・ISM非製造業景気指数 10月分発表があるので、大きな値動きを見せてこない場合はその前後は避けた方が良いと思います^^

以上の根拠で本日はデイトレード予定を組んでおります( ^∀^)

本日もお忙しい中ブログをご覧いただきありがとうございました。
ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^
https://twitter.com/yyoshi71
今後とも本ブログを宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました