【11/15】FX初心者向け 勝率アップするためのチャート分析

チャート分析
スポンサーリンク


こんにちは、ユージンです^^本日はドル円、ユーロドル、ポンドドルの3銘柄を見ていきます( ^ω^ )よろしくお願いします。

ドル円 デイトレ分析

昨日はドル円大きく円高方向に向かい下落を見せてきました。下記チャートが本日1130現在の日足チャートですが、青色線の上昇ウェッジ下限を抜けており、昨日の陰線は下抜けの状態で実体が確定しております。長期目線での売り玉までの上昇は一旦見せてくると思っておりましたが、大きく下落してきましたし、日足でみてもサポレジ転換でも機能していた黄色水平線 108.986を下抜けてきてますので、このまま下落してくる可能性も高いです。本日1130現在は上昇から始まっておりますが、寄り付きで上昇を見せて、引けで逆行して再度下落してくるのかなと見ております。買い玉ポジションがかなり溜まってましたので、長期売り玉目線まで再び上がってくるとしても一旦下げてからの上昇になると見ております。スイング目線は「11/04 ドル円 スイングトレード 月足 週足 日足 分析」の通り、下記チャートの売り玉エリアまで待ちですね。今日は買い目線でスキャル程度にしたいと思います。(ツイッターで更新していきます)

画像をクリックすると拡大表示されます。

続いて下記4h足チャートを見ていきます。直近赤色水平線108.722は赤丸の通りサポレジ転換で意識されいてる直近の重要水平線です。上昇ウェッジ下限とこの赤色水平ライン108.722付近で売り玉検討していきます。

画像をクリックすると拡大表示されます。

ユーロドル デイトレ分析

続いてユーロドルですが、昨日は上昇で反発してきました。下記日足チャートご確認ください。日足で久々に大きな陽線を見せてきました。買い玉を狙ってはいましたが、狙っていたエリアまで落ちてこなかったので入り損ないました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

続いて下記4h足ですが、今日は上昇してきそうな形です。ただ下降トレンドの中 完全な逆張りのため、今から買っていくには少々リスキーなので、4h足ベースで下記エリアまで下がってくれば小さいですが、逆三尊を形成する形にもなります。その辺りで買い玉を検討したいです^^ただ今日は金曜日ですし、寄り付き上昇見せて、そのまま引けも上昇するか、引けで下落してきても週末なので様子見か反発見て一時的な買い玉のみですね。今日は様子見したいと主体で早い動きを見せてくれば買い玉検討したいと思います。

画像をクリックすると拡大表示されます。

ポンドドル デイトレ分析

最後にポンドドルですが、こちらは現在1.28772のラインで売保有中です。大局は下記日足チャートの通り、ピンク色下降平行チャネル上限の赤丸部分で頭を押さえつけられて下目線。ただ今は昨日から本日午前中にかけては上昇の圧力が強く現在含み損中♪( ´θ`) ただ直近の上昇圧力の調整ができていない点と未だピンク色チャネル付近を超えていない限り、下目線継続。下記日足チャートご確認ください。

画像をクリックすると拡大表示されます。

続いて下記4h足チャートです。直近はピンク色チャネルと緑色トレンドトレンドラインの三角保ち合い下抜け後、黄色水平線と重なるエリアでレジスタンスされるのではないかと売り増し検討しているぐらい。

画像をクリックすると拡大表示されます。
本日のデイトレ 目線まとめ

ドル円
本日は売り玉検討エリア(上昇ウェッジ上限と直近サポレジ転換で機能している水平線の重なるエリア)までくれば売りたいと思います。チャート的にも欧州タイム以降が勝負です →本日の相場 売り目線。(デイトレ)

ユーロドル
本日は買い目線であるが今からの買いは完全な逆張りのため難しい。上昇初動から買い玉検討していればそのまま保有していても良いが、本日入る場合は買い玉検討エリアまで下がってきて綺麗な短期逆三尊を形成してから。ただ本日が金曜日と言うこともあり、一旦上昇してからの下落は可能性が低そう。スムーズな動きであれば買い玉検討。 →本日の相場 買い目線。(デイトレ)

ポンドドル
変わらず売り目線。現在のチャート的にも売り玉検討しても良いが、引けの金曜日ということもあり、来週以降の売りでも良いかも。ピンク色チャネルを超えてくるようであれば売り目線は一旦ストップして様子見が無難。ポンドは慎重に取引しないと火傷じゃすまないです。 →本日の相場 売り目線。(スイング)

以上の根拠で本日はデイトレード予定を組んでおります( ^∀^)

本日もお忙しい中ブログをご覧いただきありがとうございました。
ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^
https://twitter.com/yyoshi71
今後とも本ブログを宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました