【12/02】FX初心者向け 勝率アップするためのチャート分析

チャート分析
スポンサーリンク


こんにちは、ユージンです^^本日はドル円、ユーロドル、ポンドドルの3銘柄を見ていきます( ^ω^ )よろしくお願いします。(相場が開く前に分析しておりますので、大きく窓開けする場合などは考慮に入れておりません。)
また、本日はYOUTUBEはお休みします。

ドル円 デイトレ分析

先週は大きな上昇を前に下落目線から一旦様子見にシフトしましたが、ドル円は先週金曜日に中玉にて109.490でショート中。今週も変わらず売り目線で勝負したいと思います。先週は大きな陽線を見せてきましたが109.500より上はかなり上値が重そうです。ただ、もうひと伸びする可能性もありますので、本玉はもう少し待ちたいと思います。下記週足チャートです。

画像をクリックすると拡大表示されます。

続いて下記日足チャートになります。赤丸付近の値動きですが、週足フィボナッチ50.0の半値戻しラインと一旦下抜けした青色の上昇ウェッジ下限がレジスタンスとなっており、上値は重そうです。

画像をクリックすると拡大表示されます。

玉の仕込む位置ですが、下記4h足の赤矢印部分で仕込んでいきました。今週は重要指標が多いので、状況見て決済か損切りしたいと思います。

画像をクリックすると拡大表示されます。

ユーロドル デイトレ分析

ユーロドルは1.10900で持っていた売り玉を先週半ロット利確し、残りはまだホールド中。先週のユーロドルは節目の1.10000のキリ番エリアでもみ合い、一旦は深掘るも陽線をつけて再度上昇してから終了しました。下記週足チャートです。日足の逆三尊が否定されてから、ずっと下降トレンドです。

画像をクリックすると拡大表示されます。

緑色のトレンドラインも効いており、一旦上にいく圧力が感じれらます。買い玉を仕込む予定はありませんが、今日、明日ぐらいで一旦上に調整してくる可能性もあるようなチャートにも見えます。上記週足の20SMAと下記日足の75SMAがちょうど重なるが1.10450のエリア付近となり、この付近で売り増しも検討したいくらいです。ピンク色のチャネルラインまで戻ってくると上昇圧力の方が強くなってくる??って感じでみてます。

画像をクリックすると拡大表示されます。

下記4h足ですが、4h足チャートでは落ちてきそうな値動きにも見えます。ただここで売りは難しい感じ。

画像をクリックすると拡大表示されます。

ポンドドル デイトレ分析

ポンドドルは長くレンジを組んでおり、このレンジを抜けてから勝負しても良い局面で今は様子見って感じです。ただそんな中でも上がっていく優位性の方が高い局面になってきました。下記週足となります。もみ合いもあり力は溜まってきていると思います。①か②で三尊の中央の山を作る形で上がってくれば、①、②で売りたいですね。感度的には①の方が可能性が高いと思います。(週足フィボナッチ50.0半値戻し、週足200SMA,緑色上昇チャネル上限のポイントの重なるエリアです。)

画像をクリックすると拡大表示されます。

続いて日足ですが、位置は悪いですが逆三尊を形成しております。長いレンジを一旦上抜けか??って匂わせるような局面です。

画像をクリックすると拡大表示されます。

最後に4H足ですが、下記チャートのように200SMAを一旦ブレイク後にワンタッチして上昇しております。この上昇が大きいですね。ピンク色チャネルラインを一旦上抜けしてくるかもしれません。

画像をクリックすると拡大表示されます。
本日のデイトレ 目線まとめ

ドル円
今は7:3で売り目線ですが、今から売り玉の場合は、まだ上昇の見込みもあるので、ある程度の損切り幅に耐えれるロットでエントリーおすすめ。本玉は青四角部分の週足200SMA、下降平行チャネル上限、フィボナッチの半値戻し付近で検討予定。→本日の相場 売り目線。

ユーロドル
短期的には上がってきそう。ただ大局下の中、完全な逆張りになるので、買う場合は小ロットがおすすめ。売り玉は週足20SMAと日足75SMAの重なる1.10450付近がおすすめ。 →本日の相場 短期 買い目線。長期売り目線

ポンドドル
 様子見相場。ただ感度的には日足の逆三尊形成や、4h足の200SMAブレイク後のワンタッチからの上昇など上昇優位性の方が高くなってきていると思います。→本日の相場 様子見(買う場合はロットコントロールを)。

以上の根拠で本日はデイトレード予定を組んでおります( ^∀^)

本日もお忙しい中ブログをご覧いただきありがとうございました。
ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^
https://twitter.com/yyoshi71
今後とも本ブログを宜しくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました