【01/23】FX初心者向け 勝率UPするためのチャート分析

チャート分析
スポンサーリンク


こんにちは、ユージンです^^本日もドル円、ユーロドル、ポンドドルの3銘柄を見ていきます( ^ω^ ) より詳細な分析はYouTubeの方でアップしております。よければ下記リンクから飛べますので覗いて見てください^^ 「【FX 10分相場解説 】2020/01/23 優位性のあるエントリーポイントについて / 中長期・デイトレ目線

ドル円 相場分析
売り優位性 ⭐️ ⭐️ ⭐️

ドル円は下狙いです。月足でトレンドラインの角度を少し変えて見た時、見方としてまだ下降トレンド範囲内とも見えます。

画像をクリックすると拡大表示されます。

現在、元々引いていた日足、4h足の赤線下降平行チャネル上抜け後の値動きに注目です。(トレンド転換と判断するにはチャネル上抜けが時間軸として長ければ長い程良い)

赤色チャネル上抜けも週足で見たときにオーバーシュートしているだけで、再びチャネル内に戻ってくる可能性も十分あります。

見方として、上昇してきた調整として、下記4h足チャートで引いた赤色下降トレンドラインと水平線のクロスするエリアと三尊の最後の山付近でショート。(損切りは直近高値の数pips上ら辺)もしくはもう少し上昇幅が広がってくるのを待って110.700付近まで引き付けてショート(月足フィボナッチ61.8%戻し)。

画像をクリックすると拡大表示されます。

この2つが主軸ですが、もみ合いを見せてくるなりした後、赤色下降平行チャネルまで落ちてくればロング目線に切り替えて勝負したいと思います。

さらに、下記日足チャートで見たときに、今から右肩上がりの逆三尊の最後の谷を作りに行くかといった局面であるので、どちらにしろ下げの調整が入ってくる可能性は高いとみてます^^

画像をクリックすると拡大表示されます。

ユーロドル 相場分析
様子見相場 

ユーロドルに関してはもう少し様子見って感じですかね。ピンク色下降平行チャネルに再びインサイドしてきましたが、緑色上昇チャネルの下限付近でもあります。下がっても上がってもどちらでもおかしくない相場です。
このような相場の時は様子見がベストと個人的には思います^^

ただ、見方によっては右肩上がりですが、日足では三尊が完成しております。最後の山を抽象化して、もう少し一番下の青色水平線を深掘り、再びピンク色下降チャネル上限近辺まで上がってくれば、右肩下がりの三尊ができ、売りの優位性も高くなってくると思います。再びピンク色下降チャネルを上抜けするようであれば、上昇の感度が強くなってきますし、今は様子見がベストと判断します。

画像をクリックすると拡大表示されます。

ポンドドル 相場分析
売り優位性 ⭐️ ⭐️

ピンク色下降平行チャネルを上抜けできておらず、大局は未だ下降トレンドとみております。その中で赤丸の上昇幅は反発の上昇としては大きく、エリオット波動としても5波が終了し、下降トレンド継続の第3波目がくるかといった状態。

画像をクリックすると拡大表示されます。

下記4h足チャートです。三角保ち合いを一旦赤丸のダブルトップ形成から上抜け。上値としては日足で引いている緑色トレンドラインがレジスタンス。プラス直近戻り高値の値幅で引いている青色水平線エリアに対してフィボナッチ61.8ラインを引いてます。これに対して上髭を出して反発しており、一旦ショート検討エリアです。

画像をクリックすると拡大表示されます。

本日夜からECBの利下げがあるかどうかの会合があります。ポジション持つ際はご注意を。経済指標動向は下記よりチェックして見てくださいね^^
みんかぶFX 経済指標」より

以上、本日も頑張ってトレードしていきましょう( ^∀^)

本日もお忙しい中ブログをご覧いただきありがとうございました。
ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^
https://twitter.com/yyoshi71
今後とも本ブログを宜しくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました