【01/31】FX初心者向け 勝率UPするためのチャート分析

チャート分析
スポンサーリンク


こんにちは、ユージンです^^本日もドル円、ユーロドル、ポンドドルの3銘柄を見ていきます( ^ω^ ) より詳細な分析はYouTubeの方でアップしております。よければ下記リンクから飛べますので覗いて見てください^^ 「【FX 10分相場解説 】2020/01/31 ユージンの高勝率 チャート分析

ドル円 相場分析
売り優位性 ⭐️ ⭐️

ドル円は大局は下目線 
メインは上昇チャネル(下から3段目)と青色水平線エリアまで引き付けて売り玉検討。
長期では三尊を作ってきたところで初めて
赤色下降平行チャネル上限に対して売り玉検討ができます。

まず今日で月足確定しますが、下記月足チャートのトレンドラインに対してどう引けるかですね。トレンドラインに張り付くような値動きで引けない限りはまだ下降トレンドと見てます。(トレンド転換はしていない)

下記週足ではツーバーリバーサルのプライスアクションが出ております。一旦上昇の反発はあるかもしれませんが、下へのバイアスが強まりつつありますね。

今の現状ではショートもロングも打てない状態です。ショートは日足の下記エリアまでしっかり引き付けてから。ロングを打てない理由は昨日のYOUTUBEで上げておりますので、よければ覗いて見てください^^
【FX 10分相場解説 】2020/01/30 ユージンの高勝率 チャート分析

ユーロドル 相場分析
売り優位性 ⭐️ ⭐️  買い優位性(短期) ⭐️ ⭐️ ⭐️

ユーロドルは大局は下目線 
メインはピンク色下降平行チャネル上限まで待ってからの戻り売り狙い。
短期的なロングを1.09600 – 800水準エリアで狙い(2次玉なので余裕を持って待つ)

下記週足で見ると、一旦ピンク色下降平行チャネル上限を上抜けするが、再び戻ってきており、下降トレンド継続中。

メインは戻り売り狙い。ピンク色下降平行チャネルの中値でロングを打っているトレーダーも一定数いると思います。ここのポジがロスカットされるのが、1.09800水準から1.09600水準とみております。ロングを短期的に狙うのであればストップロス刈り後を狙って、メインではないので余裕をみて待ちたいと思います。

ポンドドル 相場分析
売り優位性 ⭐️ ⭐️ ⭐️

ポンドドルは大局は下目線 
今現在、上昇チャネル中値と戻り高値で引いたフィボ50.0で戻り売り(三尊最後の山形成エリア)
→一旦は売れるエリアに突入。ただし、ナンピンしていく余裕を持ったロットで損切り幅も広め
に。
メインはピンク色下降平行チャネルの上限と直近戻り高値のラインからのダブルトップ(ここまで徐々にナンピン予定)

下記週足チャートのピンク色下降平行チャネル上限を上抜けできておらず、大局は未だ下降トレンド継続とみております。その中で下記日足チャートの赤丸の上昇幅は反発の上昇としては大きく、エリオット波動としても5波が終了し、下降トレンド継続の第3波目がくるかといった状態。

下記日足チャートです。一旦英 金利政策の据え置き発表を受け、利下げを主張するメンバーが前回から増えるのではとの思惑もあったため、金融政策の公表後は全般にポンド買いが優勢に。一旦売り玉が検討できるエリアになってきました。(上昇チャネルの中値エリア)

4h足では三尊が形成できるか?って局面ですね。売り漏らしがないようロットコントロールして入っていきたいですね^^

米FOMC発表は金利据え置き、英金利政策も据え置きでした。あとは大きなニュースとしては1/31に英国のEU離脱が確定します。(日本時間2/1(土)08時より)すでに織り込み済みで、離脱後の関税交渉や安全保障、通商協議などに目線が向いているので来週月曜日は大きな窓空けはないと予想しておりますが、安全を見る方は来週以降の窓空け確認と今週の月足確定を待ってからの勝負でも全然遅くないと思います^^コロナウイルスの不安要素が残るため、ファンダ的には円買いが進みそうな予感です。経済指標動向は下記よりチェックして見てくださいね^^

みんかぶFX 経済指標」より

以上、本日も頑張ってトレードしていきましょう( ^∀^)

本日もお忙しい中ブログをご覧いただきありがとうございました。
ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^
https://twitter.com/yyoshi71
今後とも本ブログを宜しくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました