【02/06】FX初心者向け 勝率UPするためのチャート分析 

チャート分析
スポンサーリンク


こんにちは、ユージンです^^
本ブログに足を運んで頂きましたありがとうございます。

本記事では、下記内容を紹介しております。

・中長期~デイトレの時間軸でのチャート分析(環境認識)
・優位性の高いエントリーポイントの紹介(利食、損切エリア)
・紹介する足は月足、週足、日足、4H足になります。
・分析銘柄はドル円、ユーロドル、ポンドドル3銘柄メインです。(他もたまにやります)


勝率の高いエリアでのトレードを心掛けている為、エントリータイミングは少なめです
また損切ラインは割と広めに設定するので、ロットコントロールには十分ご注意ください。
また、記事を参考にして頂ける場合は、必ず免責事項をご確認ください。

———————————————————————————————

大局のマクロ分析と本日のより詳細なチャート分析はYouTubeの方でアップしております。よければ下記リンクから飛べますので覗いて見てください^^
【時短】FX 月足 マクロ分析 2020年2月3日
【FX 10分相場解説 】2020/02/06 ユージンの高勝率 チャート分析

ドル円 相場分析
売り優位性 (メイン) ⭐️ ⭐️ ⭐️ ⭐️   買い優位性(短期)  ⭐️

ドル円は大局は下目線

現状売り狙い。109.800付近で売り玉中(ポジション1/5で保有中)。
今からショートナンピン戦略。

売り根拠 : 週足200SMAにタッチ、週足フィボ50.0半値戻しエリア。上昇チャネル中値エリア週足ツーバーリバーサル、月足下降トレンドライン

損切:111.000 損切オーダー / 赤色下降平行チャネル上抜け時間軸長ければ裁量で損切り

利食:109.000 利食オーダー / もみ合いの可能性もあり、ある程度利が乗れば短期決済 

月足

下降トレンドラインが意識されている。1月月足も上髭で反発。(この下降トレンドラインは日足で引いている下降並行チャネルと角度が異なります。)また、赤の縦ラインで分かる通り、上昇が徐々に弱含んできております。(陽線出現率の低下と実体が小さくなっている。)

週足

下記週足ではツーバーリバーサルのプライスアクションが下降トレンドライントップで出てます。

日足

昨日の日足は米国株価の上昇及び米経済指標の結果が良く、再度上昇。日足では位置は悪いですが、逆三尊が完成しており、無視はできません。

現状の戦略としては下記チャートの通り、109.800付近で ショート。(週足200SMAと週足フィボ50.0ライン)次は直近最高値付近でナンピン売り玉仕掛けたいところ。
ロングは短期的に検討ですが、最低でも急騰前水準付近までは引き付けたいところ。

4H足

直近下落の起点となった4H足三尊のネックラインと上昇チャネル仲値に到達。




ユーロドル 相場分析
売り優位性 ⭐️  買い優位性 ⭐️ ⭐️ ⭐️    

ユーロドルは大局は下目線(但しトレンド転換の可能性もあり)
 
トレンド転換の可能性もあり難しい相場。再び下落してきたため、
短期買い玉検討。ピンク色下降平行チャネル内のインしてからの時間軸が長ければ、ピンクチャネル上限に対しての上昇にショート検討。

現状買い狙い。1.09600付近で買い玉検討(1.10000のストップロスとして)。
大局が下の中、短期的な玉なので、損切りは裁量で早めに。

買い根拠 : ピンク色下降平行チャネルの下限エリア、1.10000のストップロスとして

損切:1.09000 損切オーダー / ピンク色下降平行チャネル下限下抜けで裁量損切り検討

利食:ピンク色下降平行チャネル上限 


月足

縦ラインを境に陽線の出現率が高くなっております。転換期か下降継続か難しい局面ですが、まだ下目線でみております。

週足

深堀を見せて来て、再び意識されている1.10000の意識エリアに到達。

日足

ドル円は下降トレンド継続と見ておりますが、ユーロドルは月足や週足で見るとトレンド転換の可能性もあり、中々勝負をかけにくい感じ。そんな時は余裕を持って引きつけることが大事だと思います^^

4H足

短期では急騰前水準到達ですが、ここからの追っかけショートはいけません。だいたいこのエリアで追っかけ打つと逆行することが多いです。




ポンドドル 相場分析
売り優位性 ⭐️ ⭐️ ⭐️

ポンドドルは大局は下目線 

再び1.30000水準の意識節目エリアに到達。下落の第3波がくる可能性あり。一旦反発上昇してからの戻り売り狙いがベスト。深掘ってきた場合は1.30000のレジスタンスを背景に戻り売り狙い。
買い目線は今のところなし。

売り根拠 : 4h足黄色トレンドライン(ここで4h足三尊の可能性あり)、4h足200SMAにタッチピンク色下降平行チャネル上限まで徐々にナンピン検討。

損切:1.33500 損切オーダー / ピンク色下降平行チャネル上限 上抜け時間軸長ければ裁量で損切り

利食:ピンク色下降平行チャネル下限から日足200SMAあたりまで。値動き見てから。 

月足

1月の月足は下ひげピンバーで確定しましたが、優位性に欠けます。ダブルトップからの上昇も考えられますが、現在は一辺倒に偏った上昇幅の調整をしてくる方が先の相場です。

黄色エリアはしっかり時間軸の経過と共にパワーを貯めた上昇。一方、今回の赤丸はほとんどもみ合いも見せず急騰。赤色下降チャネルラインの中値が頭打ちではないかと見ております。赤色下降トレンドラインにそのままタッチとは考えにくいです。(しっかり下への調整を見せてからの方が優位性あり)

週足

逆三尊ができるための最後の谷を今から形成してくるかどうか。

日足

日足ではピンク色下降平行チャネル上限を上抜けできておらず、大局はまだ下降トレンド継続とみております。エリオット波動としても5波が終了し、下降トレンド継続の第3波目がくるかといった状態。1.30000水準のサポートすごいですね。今回で5回目。。。ここ実体で抜けたら一気に下落来そうな予感です。

4H足

黄色斜めラインで4h足の三尊を作ってくる値動きがあればショート。ただピンク色下降平行チャネル上限までの上昇もありうるのでロットコントロールは必要!!今からの追っかけショートは厳禁。深堀ってきた場合は1.30000水準が今度はレジスタンスになるので、時間軸みて戻り売り検討です。




明日は米国雇用統計も控えておりますので、その辺には注意していきましょう。
今週の経済指標動向は下記よりチェックして見てくださいね^^

みんかぶFX 経済指標」より



以上、本日も頑張ってトレードしていきましょう( ^∀^)




本日もお忙しい中ブログをご覧いただきありがとうございました。
ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^
https://twitter.com/yyoshi71
今後とも本ブログを宜しくお願いします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました