FXの環境認識はこれだけ!トレンドを判断するシンプルな方法

初心者向け
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは! ユージンです。




FX、株、ビットコイン、なんでもチャートを見て取引する時は、環境認識、すなわち、トレンド判断 や MTF分析(マルチタイムフレーム分析)が大切ですよね。





しかし、多くの方、特にFX初心者の方は、色々な情報が溢れた今の時代、どうやって環境認識したら良いか??ってことに悩んでいる方も多いと思います。





なので、今回はとてもシンプルに環境認識できる方法をお伝えします。





参考になると思いますので、是非最後まで見てくださいね^^













まず、私はFXはいかにシンプルにするかが大切だと思ってます。





トレードする上で自身が迷う選択肢は、徹底的に排除するべきだと思ってます。選択肢が多ければ多いほど選べなくなってしまう「決定回避の法則」にハマらないためです。




そして、チャートの画面が見にくい方っていますよね?めちゃくちゃラインやインジを表示させている人。




別にそれで勝ててトレードできているなら大丈夫です。しかし、大半の人が負けているのが実情だと思います。



私は移動平均線ぐらいはちょっと前まで使っていたのですが、最近はインジケーターは全く使ってません。




特に使う必要もないからです。(別にそれらのインジケーターを否定している訳ではありません。実際にそれらインジケーターなどのテクニカル分析で勝ち続けている上昇トレーダーも沢山いらっしゃいますので。。。)





しかし、インジケーターやラインをあれやこれやと沢山表示してる方で、全く使ってない(使いこなせてない)のに表示させてて、チャートがめちゃくちゃ見にくい人って多々いると思います。(私も以前、チャートに何もないのも質素なので、動画分析用にチャネルラインやら引きまくってたときに、見にくいと指摘を受けたこともありました笑)




以前、負けている方でLINEでトレード相談に乗ったことがあったのですが、その方は、あらゆるインジケーターを表示させ、ラインも引きまくりでチャートが本当に見にくかったです♪(´ε` ) なぜ表示させているのかと聞くと、一応使うときもあるので!!みたいな回答でした笑






何度も言うのですが、使ってないものほど無駄に表示させておく必要はありません。チャートはいかにシンプルに見やすくするかが大切だと私は思ってます。





なので、今回はインジケーターなどのテクニカルやファンダメンタルなども使わずに、シンプルにトレンドの環境認識をする方法をお伝えしようと思います。





 悩んでいる方
悩んでいる方

環境認識って、ネットや本でも色々な方法を見ます。移動平均線やMACD、ストキャス、ボリンジャーバンドなんかが多いと思うんだけど、なんだかんだ色々表示させすぎて、結局どれが良いのかも分からず、只々チャートが見にくくなってばかりだなぁー。。。もっとシンプルなやり方はないだろうか。。



この記事を見ることによって


・トレンド判断が簡単にわかるようになる。

・環境認識をシンプルにして、精度の高いMTF分析を理解できる。









① FXで簡単にトレンド判断するにはコレ!





FXは7割がレンジで3割がトレンドと言われております。なので、大きく利益を伸ばそうと思えば、このトレンドの波に乗って、トレードをしていく必要があるのです。




しかし、トレンドって一体どうやって判断するのか??トレンドと判断できる頃にはすでに相場は完成してて、高値掴み、安値掴みするのが怖くて、せっかくトレンドが出てるのに逆光が怖くてトレードできない。





なんてこともあると思います。





そこでこのやり方でトレンドを判断してみてください。










トレンドはN波で構成されている




まず、トレンドはN波で構成されている!ってことです。


下記画像をご確認ください。





上記のように、高安値を切上げ、切り下げて N波ができれば、「トレンド」の波が出来上がったことになります。




細かくいうと、まだトレンドの定義って数種類あるのですが、ここでは一番代表的なモノを紹介しておきますね。





トレンドって下記のように連続した高安値の切上げ、切り下げがあって、トレンドと認識している人も多いようなのですが、場合によってはこれだともう乗り遅れる危険性もあるんです。まあトレンドとしては正解なのですが。




上記のように、高安値の切上げ、切り下げが連続していなくても、一度 N波ができれば、それはもうトレンドを形成したってことになるんです。






ここを一つトレンドの判断として知っておくと便利です^^







ダウ理論の転換とも言いますよね!! 必然的にダウ理論的に高安値が突破されるとN波が出来上がるんです!






注意点

トレンドはエリオット波動のように必ずしも5波とは限らないってことです。トレンドが継続するときは10波以上も波が継続することだってあります。なので、このエリオット波動のトレンド判断はあくまで参考程度にして、それだけに捉われない方が良いです。













② トレンド判断は上位足でおこなうこと





よくツイッターでも呟いているんですが、ローソク足のできる規則性って、上位足でも下位足でも どの足でも同じなんです。上位足だからノイズが少ないとか、下位足だからダマシが多いとかそんなことないんです。



要は時間軸が長いか、短いかの違いです。



なので、どの時間足を上位足にして、基本足を決めて MTF分析しても問題ありません。




ただ、下位足になれば、なるほど時間軸が短く、展開スピードが早くなってくるんです。短い時間の中で何度も何度もトレンドを作っては継続して、転換してを繰り返しているんです。




だから、短期足でのスピードトレード、スキャルピングなんかは一般的に難易度が高い!なんて言われるんですよね。。。。    簡単に言うと、忙しいし、チャートをずっと見続ける必要もあって、瞬時に値動きの流れを判断する力が必要なんですね。





こうして考えたら、物事ってしっかり合理的に成り立ってるんですね笑






以前、下記のようなツイートをしました。






このように、


上位足で環境認識をするのであれば、週足と日足をオススメします。



日足だけても良いのですが、個人的にはやはり週足も合わせて見ると精度が高くなりますかね。


月足は少し大きすぎて値動きの展開も遅すぎますし。。。





もちろん、これで完全に方向性がつかめる!って訳ではありません。



週足や日足で上昇トレンドになっていたとしても、いきなり暴落することだってあるかもしれません。そこは戦い方の問題ですし、相場に絶対はないんだとすれば納得できますよね。








ただ、そこからトレンドに力がつけば、トレンドっていうのは自分で思っている以上に長く続きます。





よーし、これだけ上がったからそろそろ下降トレンドにシフトするか、一旦調整が入るだろう。今からショートだー!って思って入ったその後にズドーーンと急上昇したり、徐々に徐々に上げて、上昇トレンドがずっと継続するなんてよくあることです。





基本、自分自身の時間軸の流れは、相場の時間軸の流れより圧倒的に早い!と覚えておきましょう!






相場の時間軸は思っている以上に遅いんです!







では、実際のチャートで 環境認識(トレンド判断)をしていきましょう!!







例えば、下記のポンドドル週足のチャート図をご覧くださいませ。

クリックすると拡大表示できます。

上記の週足チャート図では、左側の下落トレンドが継続していたが、赤丸の通り高値ができてから、以降赤丸の高値である黄色線を上抜け後にトレンドが出来上がり、一気に上に伸びていきます


しっかり黄色ラインを超えて以降は、白波のようにN字を形成していますよね。


週足では、黄色ラインを超えた瞬間に上昇トレンドが決定する訳です。


波にはサイズがある!!




そして、ここで一つ注目して欲しいのが、波のサイズです。

クリックすると拡大表示できます。

上記は、先程と同じ ポンドル週足 チャート図の白波で引いたラインですが、


この白波は大きな流れで見た流れになっており、その大きな流れでN字を作ってます。





しかし、1本の白波の中には小さな波がいくつかあります。




この意味わかりますよね???





つまり、今回の場合は、やり方次第では、もっと底の方からも狙うことができる!



ということです。







続いて、先ほどのポンドドルの週足チャートを日付チャートで見てみましょう。

黄色のラインを超えて以降、強い上昇トレンドを作っているのは見てわかりますね。

クリックすると拡大表示できます。




つまりですよ、



週足、日足ともに上昇トレンドになった訳です。


スキャルにしろ、デイトレにしろスイングにしろ、当然 上位足が上昇トレンドであれば、上方向を狙っていった方がパフォーマンスが良くなる!! という訳です。





これが私の考える環境認識(トレンド判断)やり方です。





それから、



ローソク足のできる規則性はどの足でも同じ!!と申し上げました!!




つまり、どのローソク足でもトレンドのできる原理は同じです。




私は週足と日足を元にトレンドの波を判断してますが、人によっては日足と4H足だったり、4H足と1H足だったりすると思います。




まあ、でもやはり、日足は見ておいた方が良いと思いますけどね( ^ω^ )





あとは、皆さんの 「やりやすい」 やり方で検証してみてください!!










③ まとめ




・トレンド判断はN波の早い段階で行う

・トレンドには波に大きさがあると理解する。

・トレンド判断は上位足で行うこと!週足、日足がおすすめ!















最後までご視聴頂きまして、誠にありがとうございます。


いかがでしたでしょうか??


少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。



次は、環境認識をした後にトレードの組み立て方法について下記の記事が参考になると思います。



FXには、絶対といった確実性は求めてはいけませんが、練習すれば勝てる可能性は格段にUPすると思います。


初心者様向けに役立つ記事を記載してますので、その他の他記事も是非チェックしてみてくださいね^^
ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^

ツイッター : https://twitter.com/yujinfx

YouTube  : ユージンFXトレーダー





今回の余談



今日の記事更新は、2020年7月31日(金)にしている訳ですが、新型コロナの関係で飲みにも出れませんね。私は地方の人間ですが、金曜日ぐらいは後輩連れて飲みにいきたいです( ・∇・)


今日は、東京で400人と過去最大の感染者数を記録してましたし、完全に第2波の状況ですね。本当に政府はどうなっているんだか。GoToキャンペーンとかやってる場合じゃないぞ笑




私にも4歳の娘と2歳の息子がいるのですが、最近はテーマパークとか屋内施設には連れていって上げれないので、なるべく屋外で人の少ないところで遊ばせてます。しかし今の時期は熱中症も気になりますよね。。

皆さんもしっかり水分補給されて体調を壊さないようにされてください。



写真はこないだ仲の良い家族と人の少ない海で子どもを遊ばせた時の1枚です。




お子さんのいらっしゃるパパさん、ママさんはトレードばかりじゃなく子供の成長も見守って上げてくださいね( ^ω^ )大変ですが頑張って両立していきましょーー!



それでは、また次回更新していきます。

最後までありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました