FX ポンドドル チャート分析 2020/07/24

チャート分析
スポンサーリンク

こんにちは!本ブログ管理人のユージンです。





本日はポンドドルのチャート分析をまとめてみました






日時が2020年7月24日(金)07時00ごろになります。




FX初心者の方にも方向性が分かりやすいように内容まとめてますので、良ければ最後まで一読下さいませ。






ドル円とユーロドルの分析は動画であげてます。良ければ見てみて下さい^^

【FX 10分解説 】2020/07/24 チャート分析



では、まずポンドドルの各足についてまとめてみましたので、下記ご覧ください。



現在のトレンドについて



月足 ……下降トレンド ⤵︎(調整局面)

週足 ……下降トレンド ⤵︎ (転換の可能性あり)

日足 ……上昇トレンド⤴︎

4H足……上昇トレンド⤴︎

1H足……上昇トレンド⤴︎







月足 ……下降トレンド ⤵︎(調整局面)

クリックすると拡大できます。(以下同様)



週足 ……下降トレンド ⤵︎ (転換の可能性あり)

クリックすると拡大できます。(以下同様)



日足 ……上昇トレンド⤴︎

クリックすると拡大できます。(以下同様)



4H足……上昇トレンド⤴︎

クリックすると拡大できます。(以下同様)



1H足……上昇トレンド⤴︎

クリックすると拡大できます。(以下同様)











これからの戦略について





月足、週足の見方は先週と変わってません。

ポンドドルは月足では、下降トレンドなのですが、今は上値を模索している段階です。先月のローソク足が高安値を切り上げていることからも一旦は上昇流れでみております。その下の週足では、今現在は下降トレンドですが、これから上昇トレンドに転換していく可能性が出てきてます。とまあ、月足、週足は調整波は今からあるにしても、ざっくり上かな!?って感じです。




続いて、日足、4H足、1H足は上昇トレンドです。ただ、週足は上昇トレンドに転換している可能性があるだけで、まだ下降トレンドなんです。そして、今そのトレンドが転換するかどうかの天井圏付近に来てます。



なのでショートが今の狙い目で考えてます。




まずは、7月21日の高値1.27667を一つ目の損切りにして狙うポイント。

次に、6月10日の高値 1.28123を2つ目の損切りにして狙うポイント。


そして、ここを越えると週足では上昇トレンドに転換してきますので、長期ではショートは狙いにくくなってきます。




ここを超えて来なければ、週足は下降トレンドの中、天井圏付近でショートが狙えます。波の合流点を待った方が勝率は高いですが、RRを考えるなら良いポイントかなとみてます。





後はストップロスを狩ってからの下落パターンもありますので、ロットは分割するのも手だと思います。








4時間足や1時間足でショートを狙えるタイミングではないですが、RRを考えて戦うか、勝率が高そうなポイントまで待つかは人それぞれですけどね。。



損切りは赤の直近 高値。利確は臨機応変に対応したいです。もし仮に大きく伸びるようなことがあれば、緑のポイントぐらいまで目標にしたいですね。






ただ、日足はまだ上昇トレンドの最中なので、注意です。





下位足と流れが一致してきてくれると嬉しいですね^^





何かご質問等あればコメント欄や問い合わせからご連絡ください。

またツイッターでのDMでも結構です。

最後まで本記事を読んでくださり、ありがとうございました。

初心者様向けに役立つ記事を他にも記載してますので、その他の記事も是非チェックしてみてくださいね^^

ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^


https://twitter.com/yujinfx

今後とも本ブログを宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました