レンジ相場には2種類ある!FXはレンジ想定もしよう!

初心者向け
スポンサーリンク



こんにちは、ユージンです^^



今回はレンジ相場についてお話ししていきます。




まず、FXでは約7割がレンジ相場、残りの約3割がトレンド相場と言われています。




しかし、多くの方、特にFX初心者の方は、何でもかんでもトレンド相場に当てはめてチャートを見てしまいがちです。これは単純にチャートは上と下の2パターンと考えがちだから、このような見方になってしまいます。





相場には、上昇トレンドと下降トレンドのトレンド相場に加えて、レンジ相場があります。



そして、さらにレンジ相場には2種類のパターンがありますので、これを知っておく事で損切り貧乏も減るし、その時々の波の状況、今の相場に合わせてベストなタイミングで利食いや損切りができるようになりますので、是非最後までご覧ください。





この記事を見ることによって

トレンド相場とレンジ相場の区別ができるようになり、今の相場を冷静に見極め、分析していくのに役立ちます。ポジポジ病や損切り貧乏の予防につながり、利食いや損切りの目安にもなってきます。






① トレンド相場とレンジ相場の見極め方




上記でも述べた通り、FXではトレンド相場とレンジ相場があります。



なので、この見極めが非常に大切になってきます。




トレンド相場は下記のように高安値の切り上げ、切り下げが連続しており、ダウ理論を用いて目線の上下を判断します。






トレンド相場の定義については、下記の記事で詳細を分かりやすく記載しておりますので、興味があればこちらをチェックしてみてください。








次にレンジ相場ですが、上記で説明したトレンド相場以外がレンジ相場になります。

一般的に下記図のようなある一定の値幅でチャートが横方向に推移していれば、レンジ相場になります。



ちなみにレンジ相場を判断するのに便利な「 ボリンジャーバンド 」といトレンド系のインジケーターがあります。


このボリンジャバンドの上下の白色のバンドが横方向に向かって、収束(=スクイーズと言います)した上で推移していればレンジ相場といった判断ができます。逆に赤矢印のように白色のバンドが大きく広がると(=エクスパンションと言います。)トレンド相場と判断できます。

クリックすると拡大表示できます。


余談ですが、相場は基本的にはこのスクイーズとエクスパンションを繰り返して推移しています。他にもトレンド相場とレンジ相場を判断するインジケーターはありますが、ここでは一番代表的なものを紹介させていただきました。




② 2種類あるレンジ相場を知っておこう





レンジ相場には、トレンドが発生した途中途中で発生する、「 トレンド中段保ち合い相場 」と 一度発生したトレンドから回帰してトレンド継続もしくはレンジ相場となる「 トレンドレス相場 」があります。




レンジ相場にはこの2種類があると覚えておきましょう!

クリックすると拡大表示できます。


クリックすると拡大表示できます。





トレンド中段保ち合いは、チャートパターンで表現すると「フラッグ」 「ペナント」 「ウェッジ」といった有名なチャートパターンの部分に当たります。なので積極的にトレンドに乗っかって利益をとっていける相場です。



一方でトレンドレス相場は、一度発生したトレンドが否定され、回帰してレンジ相場が始まるか、一度発生したトレンドが否定されて本来の方向になるかといったパターンがあります。ここがよくあるダマシとかって表現されたりするエリアですね。





相場のサイクル



ケッティーさんといった有名なトレーダーさんのFX講座で紹介されていた内容ですが、


相場のサイクルは「 トレンド相場 」と合わせて、上記の説明した「 トレンド中段保ち合い相場 」「トレンドレス相場 」の3種類のサイクルで構成されています。





これを知っておけば、入るべきところとそうでないところの判断にも役立ち、ポジポジ病の対策にもつながりますし、無駄な損切りをして損切り貧乏になることも対策できますね。(ただ損切りはしっかりしましょう笑)





③ FX初心者の脳内心理





例えば、これだけ下げたんだから、そろそろ上昇するだろう。これだけ急騰したし、そろそろ下降するだろう。といった感じで最初の頃はどうしても「値ごろ感」っていうものがあります。


日本人は特に逆張り思考が多いと言われています。



ある程度上昇したらか大きく下げるぞ!って感じでFX初心者の方の脳内心理は下記図のようになってます。




確かに、このように一気に急落する相場もあります。しかし毎回毎回ではありません。急騰急落する相場は本当に稀です。



この急騰急落相場を一度経験すると、どうしても脳内で「そろそろ大きく動く」といった心理が働きやすいです。





しかし、相場は波を打っているんです。その中で上記のような相場サイクルがあるのです。





冒頭でも申し上げましたが、多くの方、特にFX初心者の方は、何でもかんでもトレンド相場に当てはめてチャートを見てしまいがちです。




一気に急騰したり、急落したりばかりでなく、まずはFX相場はレンジが約7割で、トレンドが約3割と覚えておきましょう。利確なんかも無理に伸ばそうとせず、コツコツと積み上げていくことができると思います。




FXはコツコツゲームと覚えておきましょう^^







最後までご視聴いただきましてありがとうございました^^

何かご質問等あればコメント欄や問い合わせからご連絡ください。

またツイッターでのDMでも結構です。

初心者様向けに役立つ記事を他にも記載してますので、その他の記事も是非チェックしてみてくださいね^^

ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^

https://twitter.com/yujinfx





コメント

タイトルとURLをコピーしました