SELL IN MAYについて 過去15年分検証 株価指数 & 為替

FX関連記事
スポンサーリンク

こんにちは!本ブログ管理人のユージンです。

日本では5月のGWに突入しました。新型コロナウィルスによる緊急事態宣伝により、GWは私もずっと自粛中です。ということで5月のSELL IN MAY(セルインメイ)について調べてみました。

5月はSELL IN MAYと一般的に言われていますが、5月に売れ(何故なら5月に株価が下がりやすいから)」ということではなく、「5月に売却し、秋口に再び市場に参入する」という意味で使われています。

要するに、前年の10月に買って、5月に売ると利益がでやすいということで使われているアノマリーです。



しかし、5月に売れば儲かるの?って意味合いで認識している人も多いと思います!

私自身、FXを始めたばかりの頃は、5月に売れば儲かるのか??と思っていたぐらいです笑

実際に5月の値動きが気になる人も多いはずと思い……




過去15年(2005 ~ 2019年)までの

株価指数(ダウ、SPX、日経225)

為替(米ドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドル)


の5月分 値動きをまとめてみました。



あくまで5月に売れ!といった意味合いでみただけの検証であり、実際の5月分の値動きだけにフォーカスした内容です。アノマリー本来の意味合いとはズレていますので、その点ご承知おきください。



元々、株価指数に対して、使われている言葉でしたが、いつもの間に為替の方でもそのようなニュアンスで使われていることが多くなってきたため、為替についても検証していきます。



株価指数CFD


ダウ平均 (Dow-Jones average)

→横ばい 2回
↗︎上昇  5回
↘︎下降  8回


S&P500

→横ばい 4回
↗︎上昇  5回
↘︎下降  6回


日経平均 (NIKKEI 225 average)

→横ばい 1回
↗︎上昇  9回
↘︎下降  5回


続いて、為替の方を見ていきます。


為替 (FX)



米ドル円 (USD/JPY)

→横ばい 0回
↗︎上昇  5回
↘︎下降  8回


ユーロ米ドル (EUR/USD)

→横ばい 1回
↗︎上昇  8回
↘︎下降  5回


ポンド米ドル (GBP/USD)

→横ばい 1回
↗︎上昇  9回
↘︎下降  5回

まとめ




最後までご視聴頂きまして、誠にありがとうございます。

上記データを見ていただくと、必ずしも5月に売られる!というわけではありませんね。

やはり、実際に見るべきはチャートの値動きです。

アノマリー通りに5月格言通りに、売れ!!とやっていては大火傷する可能性がありますので、その点十分ご注意くださいませ。

以上、5月分の値動きだけにフォーカスした内容でした。


初心者様向けに役立つ記事を他にも記載してますので、その他の記事も是非チェックしてみてくださいね^^ツイッターもやっておりますので、良かったらフォローしてください^^

ツイッター : https://twitter.com/yujinfx

YouTube  : ユージンFXトレーダー




今後とも本ブログを宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました