初心者がFXで勝てるトレーダーになるコツ

初心者向け
スポンサーリンク

みなさん、こんにちはー。

ブログ管理人のユージンです ^^

FXは値ごろ感で売買するな!とよく言いますが、



「上がったら売る、下がったら買う」はやはり原理原則です。


そのタイミングが早いか、遅いかの違いです。


私自身FXを初めて丸3年が経ちましたが(2020年1月現在)、

実際に勝てるようになってきたのは下記ポイントを抑えるようになってからです。(もちろん反復練習も必要ですよ^^) 

本記事では、FXで勝てるようになるコツを6ヶ条にまとめております。是非今からFXを始める方、負け越してる方も一旦足を止めて下記ご参考にしてみてくださいね^^

     



まずはじめに……



トレードスタイルはスイングトレードから始めること。

     

取引スタイルとして、超長期投資(数カ月から数年)、スイングトレード(数日から数週間)、デイトレード(当日中)、スキャルピングの4種類が基本となりますが、

はじめのうちはスイングトレードから初めて、慣れてきたら、デイトレード、スキャルピングと初めていった方が良いと思います。


超長期投資は資産が莫大ある資本家向きの投資スタイルのため、一般の個人投資家にはあまり向きません。

スイングトレードであれば、ある程度損切幅も深く設定しするため、だましに合うリスク、負けのリスクを小さくすることができますので、初心者の方にはお勧めのトレードスタイルです。



長期足を確認して、低ロットで取引すること。

慣れてきたらデイトレード、スキャルピングと練習していけば良いと思います。


上記確認してご理解頂けた方は引き続き 下記ご参照お願いします。

     

①長期足の意識されているエリアまで引き付けること。(しっかり待つ)

トレードは長期足(月足、週足、日足)のトレンドに沿って取引する必要があります。

長期足と同じ方向へ入っていく!!

そんなのあたりまえじゃないか。


って思いますよね。

では、なぜ、負けていくトレーダーが多いのでしょうか。

それは、しっかりと引き付けて待つことができていないためです。


これは時間軸の問題です。



例えば、下降トレンドを継続している相場で30分足、1h足ではしっかり反発の上昇を引き付けることができたと思っていても

4h足、日足でみるとまだまだ反発の上昇引き付けが不十分であったりします。

自分の時間軸では十分に引き付けることができたと思っていても相場の時間軸ではまだまだ引き付けが足りないのです。

下降トレンドで売り狙いの局面。

反発の上昇もしっかりひきつけることができた。

「良し、売りで勝負だ!」と売りエントリーを
行って踏み上げられる。

そして、「あれ、?今上昇トレンドなの?ドテンして買いで勝負だ!」と買いで入ったころに

短期的な上昇が転換して、本来の下降トレンドの潮流に戻ってくる!!


「もうどっちかわかりませーん!」 

これが勝てないトレーダーによくある原因の一つです。

しっかりと、長期足で反発を十分待ってから、戻り売り、押し目買いを狙っていきましょう!

     

②FXのチャートは元のレートに戻ってくる可能性が高いと知ること。

      

のチャートなんかはトレンドが継続すると

元のレートに戻ってくるって可能性は低くなりますが、

FXは通貨取引になりますので、元のレートに戻ってくるってことが多々あります。

もちろん戻ってくる期間はまちまちですし、

必ずではないですが、

意識されている節目のエリアであればあるほど戻ってくる可能性は高いくなります。


なぜなら、自国通貨の大きな変動はその国の経済低迷につながり、国の財政危機につながるため、

そうならないよう、中央銀行が金融政策を行い、通貨レートを安定させうようとします。



そう、国が介入してくるからです。


しかし、大きな世界的な不景気やリーマンショックのような金融ショックが起きた時はこの限りではないので注意してくださいね。

このことを理解し、ある程度損切幅も深く設定していれば、ロスカットされずにそのレートに戻ってくるってことが多々ありますので、必然的に負ける回数は減っていきます。

(その場合は、深い損切に耐えられるようなロットで取引することは大切です。)

後、勘違いしてほしくないのは損切しない!!
ってわけではありません。

ここの節目を明確に抜ければトレンド転換だよね!

ってポイントなんかは損切しないと大変なことになるのでその点はご注意くださいね。


③ロットを一定にさせて、資金管理を行う(負けたからといってハイレバにしない)

    

これはだれしも経験があると思います。

私も最初の1年目なんかは、
よくこの罠に陥っていました。

負けたら取り返そうと思って、ついついハイレバにしたくなりますよね。。

負け続けると、損を取り戻したい欲が出て、冷静な判断が少しずつできなくなってきます。(特に初心者のうちは。。)




そのような時にいつも取引しているロットの2倍、3倍、4倍とどんどんロット数を大きくしていって、負けた時には取り返しのつかない損害を抱えることになります。

これは完全に感覚がマヒしている状態で、よく聞くプロスペクト理論ってやつですよね。

しかし、負けが続いたときこそ冷静な相場分析が必要になってくるのです。

損を取り戻さないといけない!といった欲を一度捨てて、ロットは一定で取引するように心掛けてくださいね。

もちろん自分の口座資金にあったロットでですよ!

詳細は下記の記事でも記載しておりますので、良ければご参考にしてください。

    

④逆指値は深く設定し、損切は裁量で行うこと。

    

初心者のうちは、逆指値はある程度深めに張ることをお勧めします。

浅い損切設定はすぐに損切されるからです。


FXの相場は短期足であればあるほど、

よくわからない値動きをしやすいものです。

全く張らないっていうのも相場の急変動が起きた時のリスクにもなりますので、

張るにしても深めのロットで張って、損切はあくまで裁量で行うようにした方がよいです。

そうすることで自身のトレードの練習にもなりますし、無駄な損切が少なくなりますよ^^

    

⑤ストップロスの溜まっているエリアで個人投資家が損切られたのを確認してエントリーを行う。


これは以前下記の記事を投稿しておりますので、こちらからご覧ください。

    

⑥他のインフルエンサー達に影響されたトレードを行わない。

     

私も過去、影響力のあるインフルエンサー達の

トレードを参考にして!というかほぼミラトレを
おこなっていたような時期がありました。


そのインフルエンサーはSNSフォロワー数が多く
周りの信頼もあつく、

その発言通りにポジションを持てば、勝てる!と思い込んでいる自分がいました。

そのインフルエンサーがここで売りで勝負!

とエントリーして、そのポジションをSNSで公開していたとします。

そうすると自分も「あー早く利益を取りこぼさないようにエントリーしないと。」って思っていたのです。

まず、結果として、私の場合はそのような取引を

して良い結果となったことはほとんどありませんでした。



なぜなら、そのインフルエンサー達と自分ではまず、取引スタイルや持っている資金、決済のタイミングなどが全く違うからです。


そして、インフルエンサーたちの意見ばかり参考にしていると、そっちの方向にバイアスが偏ってしまいます。

自分は売りと思っていたが、あの人が買いっていうから買いで入ろう。しかし、実際のレートは下げに転じた!

なんてことは多々ありました。そういったときに人は他者に責任転嫁して自己を正当化しようとするのです。

トレード手法が確立できていない初心者のうちにその人たちを参考にするのは良いと思いますが、

ある程度自身のトレードスタイルが出来上がったのであれば、彼らインフルエンサー達の情報を鵜呑みにせず、

自分の取引を信じてトレードすることも大切です。 (情報をシャットダウンするのも一つの手かな。。)






以上、「初心者がFXで勝てるようになるシンプルなコツ 六か条について」  でした。


ご質問事項があればコメント欄からどうぞ。

またツイッターもやっておりますので、ツイッターでメッセージ等頂けるでも構いません。

ツイッター : https://twitter.com/yujinfx

YouTube  : ユージンFXトレーダー

ご参考になった方は他の記事も見てみてくださいね^^ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました